時計修理」カテゴリーアーカイブ

2021年、今年の一本!

いよいよ今年も一年が終わりを迎える時期となりました。
そして年末恒例「今年の1本!」です。
今年1年間にご修理させて頂いた中で、特に印象に残った時計(オーナーさん!?)をご紹介したいと思います。

今回は「Obrey Silver Hand made」のオーバーホールご依頼です。

裏蓋を開けたところです。
オブレイは、既に製造中止となっているムーブメントのお蔭で、なかなか普通の時計屋さんでは直してもらえないようです。

そして案の定、液漏れ跡です。(黄色丸印)
以前に液漏れを起こしたまま電池交換だけで済まされてしまうと、いつまでもこの様に残ってしまいます。

液漏れ跡の付いたマイナス端子は回路ブロックという電子部品と一体です。
端子の裏側には液漏れは回っておらずひと安心。

しかし液漏れ跡を拭き取りましたが、僅かに1か所腐食跡が残りました。
最初に手当てしておけばねぇ~。

貴重な部品ですから、何とか使い続けられるようにします。
念の為、次回の電池交換の際に確認すればいいでしょう。

シルバーはどうしても変色が避けられません。
ですからオーバーホール時のクリーニングが、出来上がりを左右します。

因みに洗浄機で洗っただけですと、これくらい。

で、時間を掛けてやるとこれくらい、ですかね。

オーバーホールの済んだムーブメントをセッティング、裏蓋を閉めて完了です。

コチラのオーナーさん、今回2本のオブレイをお持ち込み下さいました。
どうもオブレイオーナーさんは複数個お持ちの方が多いようですね。
定価はそれ程お安いワケではないんですけど、その独特なフォルムが、何ともいえない魅力に溢れているのでしょう。
オブレイに心を奪われてしまったかのように、1つ買うとまた違った形がもう1つ欲しくなるのかも。

ところが残念なことに数年前、本家Parisのオブレイさんが製造販売を終了してしまいました。
でも驚いたのは、そのことを修理に持って来られるオーナーさんの殆ど全員が知っていらっしゃるんですよねぇ。
もう十年以上も前に購入した時計なのに、皆さんお詳しいのでビックリです。

ところで、コチラのオブレイ(のオーナーさん)をどうして今年の1本に選んだのかと言いますと、実はコチラのオーナーさんのひと言が、わたくしの心をわしづかみにしてしまったんですねぇ。
その一言が、
「ブログ見てまーす。いつも楽しみにしているんですよ!」
ですって!

もうこれ、わたくしへの殺し文句です!
一生懸命綺麗にしましたから!!

今年も一年お付き合いありがとうございました。
来年も皆様にとってより素晴らしい一年になりますように…。

    ウォッチ&ジュエリーカエラ  野口伸一

※年内は30日迄、新年は1月7日(金曜日)から通常営業になります。


CHANEL J12 Ladies 竜頭不良

シャネル J12 レディース クォーツモデルの竜頭修理です。

電池交換でご来店下さいましたが、どうも竜頭の具合が悪いようです。
ねじ込み式の竜頭が締まりません。
で、こうやって見てみると、竜頭、斜めになっていますよね。

電池を外してみますと、これまた以前の液漏れ跡が…。
直るかどうか、とりあえずオーバーホールでお預かりです。

液漏れを起こした電池の下、黒い絶縁シートの下は無事のようです。
そして問題の竜頭は、ほぼ根元から曲がってぃます。
これを無理矢理元に戻すように曲げてしまうと折れるか凹んでしまい再利用出来なくなってしまいます。

更に本体側チューブのネジ山が歪んで潰れています。
コチラ側もダメですか…。

これでは普通はメーカー修理、竜頭とチューブ交換及びオーバーホールですぞ。

回路ブロックを裏返してみますと、電極板の裏側に液漏れの汚れがしっかり残っています。

きれいに落ちましたね。
先ずは一安心。

裏蓋側です。

コチラのモデルはベゼル側(ガラス側)も外せる構造です。
大した錆も無く、ラッキーと言ってもいいかもです。

洗浄機でクリーニング、しっかりきれいになりましたね。

使用されている時は、それ程気にならなかったかもしれませんが…、

白さが違います!!!

で、問題の竜頭の締まりですが、使用可能な状態迄竜頭は入るようになりました。

オーバーホールの済んだムーブメントをケースにセッティング、裏蓋を閉じて完了です。

竜頭の件は、やはり選択肢としては竜頭交換が第一です。
ですので一旦はお断りさせていただくつもりでしたが、皆さんそれぞれに事情がお有りのようですし、直りそうな場合には可能な限りこの様な修理も承るようにしています。
ご使用にあたっては、気をつけなければいけないことが増えたりしますが、日常使いにおいては問題無い程度に仕上げてお渡ししています。

作業内容 : オーバーホール、竜頭締まり加工、洗浄クリーニング
交換部品 : パッキン類
修理費用 : 24,200円(税込)


Cartier santos 100 MM automatic オーバーホール

カルティエ サントス 100 レディスの白いラバーの汚れが気なるとのご相談です。

新品の初めの頃は綺麗だったんですけどねぇ~。
ですが、白はどうしても汚れが目立ち易いんです。
この白いラバーの汚れ落としとオーバーホールでお預かりです。

僅かな汚れのみで錆も出ていません。
大切にお使いになっていらっしゃったようです。

ラバーの汚れは洗浄機で洗うだけでは落ちませんので、ケース本体とラバーベルトは別々にクリーニングしていきます。

洗浄機でクリーニング、ステンレスのケースや裏蓋、ネジもすっきりして艶も出ました。

真っ白ではなくほんのりクリームがかったホワイト色。
ラバーは革ベルトと同様にどうしても材質自体が劣化していきますので、金属と違って新品仕上げのようなわけにはいきません。
材質を傷めずきれいにしていきますので、時間を掛けて汚れを落とします。

オーバーホールの済んだムーブメントをケースにセッティング、裏蓋を閉めて完了です。

やっぱりきれいは気持ちが良いですね。
ですが今回、ベゼルに数か所僅かに汚れが残ってしまいました。
ただこれは汚れというより既にシミになってしまったもので、そうなると取り除けない場合もあります。

オーナーさん曰く、デイリーで使っていると汚れが気になってくるのよね〜、とのこと。
確かにどこかへドレスアップして行く時に着けるっていう感じではなさそうですけどね。

作業内容 : オーバーホール、洗浄クリーニング、ホワイトラバー汚れ落とし
交換部品 : パッキン類
修理費用 : 24,200円(税込)