OMEGA Speedmaster Day-Date オーバーホール

オメガ スピードマスター トリプルカレンダーです。

メンテナンスでお預かりですが、かなりサビにやられています。
ムーブメントは湿気が入り込んで曇りが出ています。
 
 

ベルトを外そうにもバネ棒が錆で固着してしまって外れません。
 
 

更によ〜く見てみると、プッシュボタンとチューブの内側まで錆が…。
 
 

外側はもっと酷いですね。
特にリセットボタン(左側)は、もう真っ茶!?
 
 

ボタンを外してみると左右には差があります。
流石にこのわたくしも左側は交換をお勧めせざるを得ませんね。
 
 

洗浄機でクリーニング、錆除去を施します。
 
 

右側のプッシュボタンは錆跡が残りましたが、なんとかなりそうです。
左側(リセットボタン)のみ交換です。見た目を気にする人は、両方交換したら良いと思います。
見た目か、予算か、ですかねぇ。
 
 

バックルの付け根(黄色矢印)やブレスレットにも所々に錆が出ています。
固着したバネ棒は、削って取り除きました。
 
 

ブレスレットも洗浄機でクリーニング、錆除去を施してスッキリきれいになりました。
 
 

オーバーホールの済んだムーブメントをケースにセッティング、裏蓋を閉めて完了です。
 
 

なんとランニングテスト中にクロノグラフのセンターセコンド芯が折れるというトラブルが!
折れるならもうちょっと早くに折れてよぉ〜、と思わずボヤきも出ちゃいますが、お渡し後に起こるより良かったと考えるべきでしょうかね。

ところでコチラのオーナーさん、ご主人が使われなくなったのでご自分が使用される為にお持ち下さいました。
腕周りのサイズはちょい緩めで使いたいとのことで、2コマ詰めでOKでした。

スピードマスターは最近のデカ厚時計に比べるとケースサイズが小さめなのとコマを詰めると結構細い腕の方にもあわせられますので、女性が付けてもそれ程違和感はありません。
この細い腕にも着けられるというのは、実にありがたい仕様なんですね。
普通時計は誰の腕にも合わせられると思われがちですが、持ち主が替わったらこれ以上サイズが詰められないとか、また半コマがあれば丁度良いのにということがたまにあります。

わたくしも腕は細い方なので、最近の大きめよりどちらかと言うと以前の旧型モデルサイズの方がしっくりくるんですよねぇ〜。

そしてメンテナンスの済んだスピードマスター君には、また第二の人生をしっかり歩んでもらいたいものです!?。
 
 

作業内容 : オーバーホール、プッシュボタン交換、バネ棒除去、コマ詰め、錆除去、洗浄クリーニング
交換部品 :  プッシュボタン、センタークロノ車、バネ棒、パッキン類
修理費用 : 57,000円(税別)


12月休業予定日のお知らせ

12月の休業日は下記の予定です。
ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

【12月の休業予定日】
 2日(月曜日)/3日(火曜日)
 9日(月曜日)/10日(火曜日)
16日(月曜日)/17日(火曜日)
23日(月曜日)/24日(火曜日)
30日(月曜日)/31日(火曜日)

※月曜、火曜定休日。
※臨時休業が入る場合がありますので、ご来店の際は必ずご確認下さいませ。
※右上又は下方の【営業日カレンダー】でもご確認頂けます。


Obrey 液漏れ修理2

オブレイ マシーンメイドの電池交換のご依頼でした。

しかし開けてみると、液漏れを起こしています。
 
 

電池から漏れた電解液(水酸化ナトリウム等)が、真下にある「-(マイナス)」端子にべっとり付いています。
透明の絶縁シートは要交換です。
 
 

回路ブロックを取り出してみると、茶色い汚れが…。
錆?
 
 

何とかきれいに落ちました。
でも使えるかどうかは本体に取り付けてみないことにはわかりませんから。
 
 

ケース、竜頭は洗浄機でクリーニングします。
 
 

先ほどの回路ブロックはバッチリでしたねぇ〜。
オーバーホールの済んだムーブメントをケースにセッティング、裏蓋を閉めて完了です。
 
 

日本でも根強い人気のオブレイですが、なんと今年の6月をもってParisの本店が閉店してしまいました。

実は4月か5月だったかにその話を、パリの本店で聞いてきたお客様からすでに伺っていました。
ブランドが辞めるなんてコトはそうある訳でも無く、日本の代理店さんもまだ公表しておらず、どうなんだろうと半信半疑でいたら、やっと9月になってお知らせがあったようです。
そしてコチラのオーナーさん、代理店さんのファイナルセールへ行って来たそうです。
ですが時計はほぼ完売だったそうです。
今後はオブレイに合うサイズの革ベルトの販売と修理のみの対応になるようです

1951年の創業から親子三代に渡って続けてこられたそうですが、まだまだ続けてもらいたかったものです。
ちょっと残念ですね。
 
 

作業内容 : オーバーホール、液漏れ除去、洗浄クリーニング
交換部品 :  絶縁シート、パッキン
修理費用 : 16,000円(税別)