革ベルト交換について-2 BVLGARI B-zero1

ブルガリ ビーゼロワンの革ベルト交換を、送りでのご依頼です。

ピンクに近い薄いパープルの革ベルトは、裏革が剥がれてきています。
表面の革も傷みが目立ってきました。
文字盤は同色のシェル(母貝)文字盤。

しかしそれよりも気になるのが、バックルの内側やケース本体に付着している汚れです。

ケースを開けてみますと汚れの他に錆が出ていました。
拭き取りでもある程度は落ちますが、しっかりと手をかけるタイミングというものがあります。
そう、革ベルトを新しく取り替える今!ですね。

洗浄機でクリーニング、錆除去を施しますとスッキリ蘇りました。

電池の交換、チェックを済ませて革ベルトを取り付けて裏蓋を閉じれば完了です。

コチラのオーナーさんから、今回ブルガリ2本とティファニーを3本まとめての革ベルト交換でした。
革ベルトの色も赤、白、紺と上手くまとめられて、センスの良さを感じられますね。

最近革ベルト交換のご依頼が多くなったB-zero1ですが、送りでのご依頼が増えてきました。
現在送りでのご修理受付はオーバーホールのみに限らせて頂いておりますが、B-zero1と一部の機種は革ベルト交換+電池交換にて承っています。
送料はご負担をお願いしておりますが、このコロナ渦のせいか都内の方でもお送り下さる方がぼつりぽつりといらっしゃいます。
やはり出来るだけ行動範囲を広げたくないという意識の表れでしょうね。
それでもご利用頂けているのは本当にありがたいことです。
感謝!

作業内容 : 電池交換、革ベルト交換、錆除去、洗浄クリーニング
交換部品 : パッキン
修理費用 : 11,400円(税別)

ところで現在、革ベルトの色は7色ご用意しています。
また文字盤の色との組み合わせを載せましたので参考にしてみて下さい。
 前回記事/  革ベルト交換について-1  BVLGARI B.zero1

詳しい事をお知りになりたい方は「 ★お問い合わせ 」からメール、或いはお電話にてご相談下さい。

黒文字盤に黒革ベルトは鉄板です。
真逆の白革ベルト。
やはり白文字盤には白革ベルトが最強。
豪華なダイヤの取り巻きにも。
珍しいブラックダイヤモンド。
ブルーシェル文字盤には同系色のネイビー(紺)も 〇 。
ベージュ系のホワイトシェル文字盤は、はっきりした色の革ベルトが意外とマッチします。
赤色の革ベルトもいい感じ。
グリーンシェル文字盤とグリーンの革ベルト。
白い革ベルトならグリーンの文字盤が一層引き立ちます。
この組み合わせが、なかなか良かったんですよねぇ~。
黒色の革ベルトならぐっと控えめに。



12月休業予定日のお知らせ

12月の休業日は下記の予定です。
ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

【12月の休業予定日】
 1日(火曜日)
 7日(月曜日)/8日(火曜日)
14日(月曜日)/15日(火曜日)
21日(月曜日)/22日(火曜日)
28日(月曜日)/31日(木曜日)


※月曜、火曜定休日
※臨時休業が入る場合がありますので、ご来店の際は必ずご確認下さいませ。
※右上又は下方の【営業日カレンダー】でもご確認頂けます。


OMEGA Speedmaster X-33 針不動修理

オメガ X-33 のアナログ時分針が動かないとのことです。

ただ秒針は動いており、デジタルの時間とも合っています。
この時計のよくあるあるです。
裏蓋を開けたところ、特に錆なども出ておらず状態は良さそうですが、オーバーホールでのお預かりです。

中央の、時針が付く金色の筒車が変色しています。
軸受の油も乾ききっています。

洗浄機で洗ったくらいでは落ちません。
別の方法で…、

キレイになりましたね。

ケース、竜頭、裏蓋他を洗浄機でクリーニングします。

チタンの色合い、光沢が蘇りました。

ブレスレットもよく見ると黒ずんでいます。

スッキリしましたね。

針無しX-33、限定レアモデル!

って、やっぱり針が無いと…。
遊んでいる訳じゃありませんので。
デジタルの動作確認ですから、ハイ。

オーバーホールの済んだムーブメントをケースにセッティング、裏蓋を閉めて完了です。

X-33は1998年にこの初期型が発売されてからもう既に20年以上が経っています。
ですので、もしご自身の時計に今回の様な症状が出ている場合には、やはりオーバーホールが必要になってきます。
大概は油切れや湿気等の影響によるものですのでこれは直ります。
しかしデジタルの不具合になりますと部品交換になってしまいますのでメーカー修理になります。
特に液晶画面は、全体的に薄く感じるようになったり文字数字の一部分が薄くなったり欠けたりしてきますと寿命のカウントダウンの始まりです。
耐用年数は分かりませんが、デジタルの宿命でもあります。

どうか部品供給だけは末永く続けて下さいね、オメガさん!

作業内容 : オーバーホール、洗浄クリーニング
交換部品 : パッキン類
修理費用 : 35,000円(税別)