月別アーカイブ: 2017年8月

9月休業予定日のお知らせ

9月の休業日は下記の予定です。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

【9月の休業予定日】
 4日(月曜日)/5日(火曜日)
11日(月曜日)/12日(火曜日)
19日(火曜日)/22日(金曜日)
24日(日曜日)/25日(月曜日)

※月曜、火曜定休日。
※18日(月曜日)は祝日に付き、26日(火曜日)は臨時に営業致します。

 

 

BVLGARI AL38TA 錆 

ブルガリのアルミニウムです。

たまにいらっしゃいまして、止まってしまったので電池交換のご依頼なんですが、時計は自動巻きだったといった場合です。

多分毎日お使いになっていたのでしょう。
それが全く動かなくなってしまったワケですね。


裏蓋を開けると、まず赤茶色の錆の跡が目に飛び込んできました。
ムーブメントには錆の粉が溢れています。
ムムムッ!て、感じでしょうか。

 


竜頭を抜いてみると、凄いことに!

機止め板(黄色丸印)、ネジもサビています。
だいぶ重症です。
説明するまでもなく、オーバーホールでお預かりです。

恐らく竜頭から水が侵入したと思われます。
しかもだいぶ時間が経っています。
頑張って動いていたのでしょうが、結局、ゼンマイまで交換する羽目に…。

 


コレ、本当に真っ直ぐな巻真だったんですかねぇ~?!

ここまで錆びて細くなってしまうと、当然折れますから。
普通は巻真と竜頭交換です。

 


そこをなんとか、再利用です!
ネジ山もしっかり残っていますね。

 


無事元通りになりました。

 


洗浄機でクリーニング、錆の出ている裏蓋は錆除去します。(ここはステンレスなのでサビます。)

 


基本的にアルミは錆びません。
しかし、一旦腐食が始まると欠けたりボロボロと削れてきます。

軽くて丈夫でキレイ、なハズなんですけどね。
そういうワケではなさそうです。

 


オーバーホールの済んだムーブメントをケースにセッティング、裏蓋を閉めて完了です。

 


そのデザインイメージから防水性をつい期待してしまうかもしれませんが、ほぼ日常生活防水レベルと思った方が良さそうです。

くれぐれも間違って海で飛び込んだりしないで下さいね!

 

作業内容 : オーバーホール、巻真抜き竜頭加工、錆除去、洗浄クリーニング

交換部品 : ゼンマイ、巻真、機止め板、パッキン

修理費用 : 48,000円(税別)