月別アーカイブ: 2014年1月

DIESEL 竜頭抜け修理

ディーゼルです。竜頭が抜けてしまうとのことでお持ちになりました。時計は止まっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
早速中を開けてみますと、なにやら巻真の入る穴の辺りに切り屑のようなものが溜まっています。どうしたんでしょう?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
回路ブロックの押さえカバーが、ずれていますね。
ということは問題の竜頭抜けは、どうやらこのカバーが正しく収まっていないことが原因のようです。
この時点で見積りをお伝えしてお預かりしました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
どうも巻真の先が当たって回路ブロックが削れてしまったようです。そして問題は裏側にありました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ありゃ~、基盤の配線に削れた跡が!

削れた屑をきれいに取り除き、とにかく組み立てていきます。
そしてカバーの歪み、オシドリの押さえ部分の修整をして、巻真抜けを直します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
電池を入れると・・・動きました !

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
良かったですね。見積り通りで直りましたから。

 

作業内容 : 竜頭抜け修理、電池交換

修理費用 : 現在オーバーホールでの受付になります

 

MAVERTEAM 電池交換

マーベルティーム クロノグラフの電池交換です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スクリューバックタイプですが、サイズが大きいので専用工具で開けます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ところが開けてびっくり ! なんと裏蓋のネジ山部分がヘコんじゃっています。前の人はコジ開けを使って開けようとしたようです。

 

P1213935blogのコピー
ケースにもしっかりその跡が・・・。

知らなかったのか?それとも工具が無かったからでしょうか。

結構昔の職人さんは力ずくでやっちゃったりしますが。

ケースの方の溝が潰れかかっていましたが、なんとか裏蓋は閉まりました。(汗!)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
汗、水濡れには十分ご注意を。

 

作業内容 : 電池交換

 

 

HERMÈS Heure H 電池交換

エルメスのイニシャル 「H」 を形にした時計が、このHウォッチです。止まってしまったので、電池交換でお持ちになりました。

裏側を見てみるとネジが一本(右上)、様子がおかしいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
案の定その一本がかなり硬く締まっていました。
しかしネジを見てみると1本、色が違っています?!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これ、どうも oil のようです。
恐らく前の電池交換で、ネジが硬くて oil を差したのかもしれません。
そういう方法も解りますが、そのままではちょっと・・・。
他のネジも汚れたまま、また取り付けたようですし。
このネジに溜まった汚れの下は、落としてみなければわかりませんね。

お客様にご説明して、電池交換と外装の汚れを落とすクリーニングをすることにしました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ケースから文字盤、ムーブメントを取り出します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
洗浄機で、見えないネジ穴の奥まできれいになります。
そして汚れが落ちた後の問題のネジは、所々腐食の跡が見られます。

錆びていたのでしょうか。今回クリーニングで大正解でしたね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お客様の時計を大切にする想いがとても良く伝わってきました。
安心して末長くお使い下さい。

エルメスピンクの革ベルトが実にいい色ですね。

 

作業内容 : リフレッシュクリーニング(電池交換含む)

作業料金 : 現在オーバーホールでの受付になります。