HAMILTON JazzMaster Slim 磁気入り

ハミルトン ジャズマスターのデイト自動巻きです。
時間がかなり進むとのことです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こういうもので簡単に調べることができます。
小学生の頃に使いませんでしたか?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
やはり磁気を帯びています。

通常は磁気抜きを数回行えば時間の狂いもほぼ元に戻ります。
しかし何度やっても僅かに残っているようで、抜け切りません。
しかも狂いの誤差が1時間当たり6分進みと、磁気抜き前と殆んど変わりありません。

このような状態ですと、結局オーバーホールのメンテナンスで調整するしかありません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ローターの受けを止めている黒っぽいネジの頭に錆が出ていますので、3本共交換です。(見えているのは2本です)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
汚れの他にケース、裏蓋、巻真には錆が出ています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
洗浄機でクリーニングします。
巻真の付け根の錆も落ちました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
オーバーホールが済んで時間の調整も無事に済んだムーブメントをケースにセッティングします。
磁気への反応も無くなりました。
しかし今回の進みの原因には、油の状態にも一因があったようでした。

 

磁気は見えないうえに、知らないうちに残ってしまいます。
しかも磁気の影響って意外と大きいです。

時計と同じ腕に磁気ブレスとかは、つけない方がいいですね。
それからマグネット付きチャームのぶら下がったキーホルダーなんかも要注意です。

(最後の写真撮り忘れです!ゴメンナサイ…)

 

作業内容 : オーバーホール、磁気抜き、錆除去、洗浄クリーニング

交換部品 : ローター受けネジ ×3本、パッキン

作業料金 : 22,000円(税別)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です