OMEGA Seamaster Ladies 秒針はずれ&竜頭不良

オメガ シーマスターのレディースです。
秒針が外れてしまい、修理のご依頼です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
時計を見てみると、ねじ込み式の竜頭が途中で引っ掛かって、ちゃんと締まりません。
汚れがかなり溜まっているのでしょうか。

こういう場合、時計の中に汗や湿気が入り込んでいないかをまず確認します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
幸いにもその様な跡も無く、状態は悪くはありません。
しかし裏蓋を外すとこぼれ落ちる位に汚れが溜まっています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
竜頭の内側奥の方に汚れが溜まっているのが判ります。
洗浄機でクリーニングをして、再度締まるかどうか確認します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
やっぱり締まりません…。
汚れだけでは無いようです。

お客様に御連絡を差し上げ、 状態をご説明したところ、 もう何年もお使いになってきたとの事で、今回はオーバーホールをお勧めさせて頂きました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そしてその原因は竜頭自体にありました。
ねじ込み式竜頭の構造は、巻真が付いた竜頭の先が、スプリングの入ったパイプに押し込まれるようになっていて、竜頭に取り付けられています。
そのパイプが根元から曲がっています。

ひょっとして竜頭のねじ込みを解放した状態で落とされたか、ぶつけてしまったか。
その衝撃で、秒針も飛んでしまったのかもしれません。

この様になってしまうと、巻真とパイプはチューブ(時計本体の竜頭がねじ込まれるパイプ部分)に合わせて真っ直ぐ動きますので、竜頭自体がどうやっても斜めにチューブに噛み合わさってしまいます。

竜頭交換になってしまいます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
でも竜頭自体を直す事で修理も可能なんです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
更にバックルのスライド部分が動かなくなっています。
プレート部分(板状の部品)の下には、汚れが溜まって錆が出ています。
ブレスレットも全体に汚れが見られます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
分解してみると、ご覧の通りです。
プレート部分(汚れている方)は歪んでいて、修整が必要です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
洗浄機でクリーニングしますと、また元のステンレスの光沢が甦ります。
更にルーペでチェックします。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
同じくキレイになったケースに、オーバーホールの済んだムーブメントをセッティングします。
(手前の裏蓋の中央シーホースマークもスッキリしましたね♪)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
竜頭を差し込みパッキン・防磁カバーを取り付け、裏蓋を閉めれば完了です。
竜頭はしっかりと締まるようになりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
また気持ちよくお使い頂けますね。

いつまでも大切にお使い下さい。

 

作業内容 :オーバーホール、竜頭修理、バックル修整、洗浄クリーニング

交換部品 : パッキン類

作業料金 : 18,000円(税別)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です