OMEGA Speedmaster X-33 針不動

オメガ スピードマスター X-33 アナデジの針が動かないとのご相談です。


デジタルは作動していますが、アナログの針が止まったままです。(画像はデジタル表示offの状態

時間合わせでも動きません。
こうなってしまうと、オーバーホールでのお預かりです。

 


裏蓋を開けてみるとケースに僅かな錆が出ています。

 


更に中蓋を取り外し、電池とその下に敷いてある絶縁シートを取り除くと…、

 


「アチャー!」

思わず声が出ちゃいました!

 


ほぼ一直線に付いたキズが、赤茶色のコイルに達しています。

コイルが断線していれば、もう時計は動きません。

恐らく電池を外す時に、ドライバーか何かでこじ開けて滑らせてしまったのでしょう。

初歩的な、そして致命的なミスです。

果たしてこれが原因でしょうか。

 


針、文字盤を外せば半分終わったようなもの…、

 


とは、そう上手くは事は運びませんね。

時針が付く筒車が抜けません。
て言うか、回りません。

 


左の歯車の上に、右へ順に重なって組み込まれていくわけですが、この4つが固着して取れませんでした。

なんとか上手く外れましたが、2番目には錆?4番目は変色が残っています。

 


錆、汚れをすっかり落としました。
色が元に戻ったのが分かると思います。

そして歯車も全てスムーズに回るようになりました。

後で伺いましたら、暫く仕舞いっぱなしになっていたそうです。
恐らく湿度の影響や入り込んだ湿気が原因のようですね。

 


ケース、裏蓋、竜頭は洗浄機でクリーニング、錆除去を施します。

 


ブレスレットもよく見てみると、汚れの他に錆が出ていました。

チタン製と言ってもやはり錆びる部分があるワケです。
クリーニングと錆除去を施します。

 


全体的に黒っぽかった色も元のチタンらしい色に戻りました。

おっと、バックル裏側に汚れが残っていましたね。
こうして画像を見れば一目瞭然。

この後しっかり落としましたのでご安心を。

 


先ほどの懸念のあったコイルは、導通反応がありましたので組み立てたところ、無事針は動き出しました。

針不動の原因は、輪列の固着によるものでした。

 


付いていたキズはそのままに…。
ちょっと心残りですが、仕方ありません。

 


裏蓋を閉めて完了です

 


水の無い宇宙空間を想定しているせいか知りませんが、どうやらこの地球上では湿度が大敵のスピードマスター X−33。

でも、そんな弱点にも目をつぶっていられるくらいの魅力が満載です。

トム・クルーズ主演の映画「マイノリティ・リポート」に登場して話題にもなりましたが、時計としての完成度を目指すというよりも、時計の可能性や近未来を夢見させてくれる、そんな稀有な物のひとつのような気がします。

 

作業内容 : オーバーホール、錆除去、洗浄クリーニング

交換部品 : パッキン類

修理費用 : 38,000円(税別)

 

 


暗闇ではインデックスバーと時分針の夜光で、時刻は判断出来ますが…、

 


バックライトを点灯すれば、クールなスカイブルーにデジタルが浮かび上がります。

もし宇宙空間で使用したらこんな感じなんでしょうかねぇ〜。
宇宙服の上から着けたX-33を手袋で操作している宇宙飛行士が目に浮かびます。

なんだか想像するとワクワクしちゃいます!?
わたくしお気に入りの一本ですかね!

 

 

〔訂正〕臨時休業のお知らせ

臨時休業予定日を訂正させて頂きます。

10(土)・11日(日)・14日(水)を臨時休業とさせて頂きます。
(月曜・火曜定休日)

9日(金曜日)は通常通り営業致します。
次週の営業は15日(木曜日)からの予定となります。

 

急で大変申し訳ありませんが本日11月8(木)は、15時迄の営業とさせていただき、9(金)・10(土)・11日(日曜日)を臨時休業とさせて頂きます。

次回の営業日は14日(水曜日)からとなります。

皆様にはご不便をお掛けしますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

OMEGA Speedmaster Mark-Ⅴ オーバーホール

オメガ スピードマスターの旧型デイデイトです。
TVスクリーン型と呼ばれるスクェアデザインが特徴です。
オーバーホールでお預かりしました。


開けてみると黒いゴムのパッキンがベトベトに溶けています。
1970年代頃の時計ですが、相当長い間手が入っていなかったのでしょうか。

その頃のゴムは材質が余り良くなく、この様にドロドロに溶けてしまったりします。

って言うことは、ひょっとして当時のパッキン!?

 


ケース、裏蓋、ブレスレット全てに錆が見られます。

そして巻真にもかなりの錆が。
竜頭もパッキンが全く効いていません。
コチラは両方共交換です。

 


ベトベトのパッキンは掻き出すしかありません。
触れるとくっついてすぐに周りもベトベトに汚れてしまいます。

プッシュボタンの内側も、汚れだか腐食だかわからない状態。
で、勿論プッシュボタンのパッキンもアウトです。

ゴム製のパッキンは全て交換です。

 


竜頭のパッキンは一体型なので、そのまま竜頭交換でOKです。

パーツは…、

まだ有ります!

 


洗浄機でクリーニング、錆除去を施します。

 


四角と言ってもムーブメントが丸いので、文字盤自体はやっぱり丸いワケです。

12時位置にあるのが24時間計、6時位置にあるのはクロノグラフの12時間計、9時位置は時計の秒針です。

そして12時を指している細い針、実は2本重なっています。
上の針がクロノグラフの秒針、下の針はクロノグラフの60分計で、上の秒針が一周すると下の針が1目盛進みます。

大きめの日付と曜日表示が、とても見易く良い感じですね。

時計は分かりやすいのがイチバンです。

 


オーバーホールの済んだムーブメントをケースにセッティング、裏蓋を締めて完了です。

 


海外でも「T.V. MODEL 」とか、「TV Screen」とか呼ばれているようで、確かに昔のテレビのブラウン管みたいです。
ですが今はもうテレヒは液晶?有機ELパネル?ですからね。
いずれブラウン管なんて見たこと無い、知らないなんていうようになるんでしょうかね。

 

ところでコチラの時計、オーナーさんがお父様から譲り受けた物だそうです。
出かける時くらいにしか使用していなかったそうです。
しかし、もう既にオーナーさんの息子さんが狙っていらっしゃるとのこと。

幼稚園児の頃にはスウォッチを、小学生の今はGショックを着けているそうです。
お父さんと同じように時計がお好きなようですね。
素晴らしい教育方針です!?
三代に渡って時計好きが続くワケですから。
それはもう時計メーカーのイメージ広告そのものかもしれません。

まさに時代を超えて受け継がれていく、いや〜、羨ましい限りです。
でも、そういった物がひょっとして家族の絆も深めていってくれるのかもしれませんね。

いつまでも大切にお使い下さい。

 

作業内容 : オーバーホール、錆除去、洗浄クリーニング

交換部品 : 竜頭、巻真、パッキン類

修理費用 : 51,000円(税別)