Cartier Roadster オーバーホール

カルティエ ロードスター 自動巻きです。
暫くすると止まるようになってきたとのことですが…。


裏蓋を開けてみると、所々うっすらと錆が出ています。

以前にも錆を落とした様な跡が残っているみたいです。

 


よく見ると本体とベゼルとの隙間からはみ出る様に錆が出ています。
嫌な予感がしてきましたね。

ブレスにも溜まった汚れの下や、駒のサイドから止めているネジにも錆が発生しています。

 


ベゼルを外してみると、予感的中です。
裏側の比ではありませんね。

どうやらガラス縁の黒いパッキンが錆でヤラれています。
こちらは交換が必要です。

 


洗浄機でクリーニング、錆除去を施します。

 


結構根気のいる作業なんですけどね、錆落とすのって。

それでも多少跡は残ります。

 


ブレスレットもクリーニング&錆除去です。

 


ステンレスの色まで違って見えてきます。

 


オーバーホールの済んだムーブメントをケースにセッティング、ガラス、ベゼルを取り付けます。

 


最後に裏蓋を閉めて完了です。

 


ロードスターというネーミングの通りカードライバーをイメージしたスポーツモデルですが、交換用の革ベルトが標準で付いており、自分でも付け替えられるっていうところが、ちょっとマニアックで男心をくすぐります。

硬派なスポーツウォッチとはまた違った、モダンな都会的センスのデザインは、オンオフどちらも着けこなせるラグジュアリースポーツウォッチに仕上がっています。

因みにペアのレディスも揃っているところが、またカルティエらしいですね。

 

作業内容 : オーバーホール、錆除去、洗浄クリーニング

交換部品 : パッキン類

修理費用 : 38,000円(税別)

 

 

11月休業予定日のお知らせ

11月の休業日は下記の予定です。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

【11月の休業予定日】
 6日(月曜日)/7日(火曜日)
13日(月曜日)/14日(火曜日)
20日(月曜日)/21日(火曜日)/24日(金曜日)
27日(月曜日)/28日(火曜日)

※月曜、火曜定休日。

 

 

革ベルト交換 CHOPARD HAPPY DIAMOND

革ベルトの時計は長く使用していると、どうしてもベルト交換が必要になってきます。

そんな時には、是非違う色に替えてみることをお勧めします。
それだけで、時計はまた違った顔を見せてくれますから…。

今回はショパール ハッピーダイヤモンドの革ベルト交換です。


革ベルトは時計本体側と美錠(金具)側の幅で決めますが、黒色がサイズが豊富で一般的です。
特に宝飾時計などは、黒かこげ茶が定番ですね。

ですがコチラの時計、元の革ベルトも交換されたものだったのですが、美錠側に隙間が空いていて幅が合っていません。

 


ピンを抜いて、外します。

既成の革ベルトに切れ込みを入れて、時計に合わせています。

 


オーナーさんが選んだ色は、モカ。

美錠幅もピッタリです。
切れ込み部分には補強を施しています。

 


オーナーさん、特に希望の色はなかったようで、赤とか白とかネイビー辺りかな〜と思っていました。

しかしカタログの中から目に止まったのは意外や意外、コレですか!?っと思う色でした。

金色にベージュも合いますからどうかなと思いましたら、これがなかなか良い感じ。
腕に着けると今までのショパールのイメージが変わりました。

GOOD !!

 

作業内容 : 革ベルト交換

修理費用 : 5,000円(税別)