3月休業予定日のお知らせ

3月の休業日は下記の予定です。
ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

【3月の休業予定日】
4日(月曜日)/5日(火曜日)/9日(金曜日)
11日(月曜日)/12日(火曜日)
18日(月曜日)/19日(火曜日)
25日(月曜日)/26日(火曜日)

※月曜、火曜定休日。
※臨時休業が入る場合がありますので、ご来店の際は必ずご確認下さいませ。
※右上又は下方の【営業日カレンダー】でもご確認頂けます。

ZENITH CLASS OPEN El Primero オーバーホール

ゼニス クラス オープン エル・プリメロ クロノグラフです。
ゼンマイを巻いても暫くすると止まるようになってしまったとのことで、オーバーホールのご依頼です。

どうやら油切れのようです。
目立つ汚れもなく、きれいにお使いのようですね。
 

しかしベゼルを外してみると…、
ムムムッ!です。
8時位置のパッキンがズレています。
 

ズレたパッキンはその部分だけベゼルに挟まれて潰れています。
これではパッキンは効いているような、いないような状態です。
センターセコンド針、金色のパワーリザーブ針(隠れて見えませんね、ゴメンナサイ!)に曇りが見られますが、その影響でしょうか。
ちょっとした油断が命取りです。(命までは取られませんけどね。)
 

きれいだと思っても、こうやって分解してみると隠れていた汚れが一目瞭然です。
ケース、裏蓋、ガラス、ネジ、竜頭を洗浄機でクリーニングします。
 

これで本当にきれいになりましたね!
 

オーバーホールの済んだムーブメントをケースにセッティング、裏蓋を締めて完了です。
 

パッキンの件は、針の曇りを取り除いた位で大事に至らなくてひと安心でした。
 
このタイプの時計ではベゼル側は通常機械を取り出す際に開けるもので、手を付けることは余りありません。
ですので蓋を閉める最後にミスをしてしまうと、それこそ長い時間が経てば経つほど時計にダメージを与えかねません。
もし普段と違うちょっとした異変が時計に現れたなら、しばらく様子を見てやはり早めに修理に出されることが重要かと思われます。
 
因みにコチラのオーナーさん、遠方から送りでのご依頼で、ひとつめの時計の出来上がりに喜んで下さいまして、2つめのご修理となりました。
2つめも喜んで頂けるかな?…
 

作業内容 : オーバーホール、洗浄クリーニング
交換部品 : パッキン類
修理費用 : 48,000円(税別)
 
 

HERMÈS CAPECOD 電池交換 

エルメス ケープコッド 2タイムの電池交換です。

竜頭が2つということは2カ所の時刻を表示出来るワケです。
更に革ベルトが随分と長いのは、実は腰に巻く為、ではありませんね!?
 

2タイムはムーブメントを2個搭載しています。
前回交換させて頂いたのが2014年5月でしたが、随分と持ちましたねぇ。
でもその時もきれいにしていますからね、今回特に目立った汚れも有りません。
 

2個共電池を交換して僅かな汚れを拭き取り、裏蓋を閉めて完了です。
 

2タイムなら現地時間と日本時間を容易に確認出来ますので、長期の海外旅行などにはもってこいの時計です。
或いは仕事で海外との取引などでも活躍しそうですね。

また長い革ベルトは、この様に2重に手首に巻き付けてブレスレット風に。
バレニア革は最初はマットな質感ですが、使い込むほどに革の油分により独特の艶感が出てきます。
高い上質感と風格は、やはりエルメスならではのものがありますね。
 

作業内容 : 電池交換
修理費用 : 1,800円(税別)