ROLEX Ref.6694 Part-2 ブレスレット修理

前回からの続きです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはある程度にパイプが真っ直ぐになるようにフラッシュフィット(FF)を慎重に曲げていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それから一旦バネ棒を途中まで押し出し、曲がり具合を見ながら再度戻して抜きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外したフラッシュフィットをきれいに修正します。錆も出ていましたので落とします。

バネ棒だけは交換ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ところが洗浄機にかけたところ、三つ折れ部分のピンが抜けてしまいました。

以前にも書きましたが、年数の経ったロレックスはこの部分が良く外れるんですよ。

いずれ抜けてきますから、タイミングは良かったかも!?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブレスレットも元通りに直りました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ケース&裏蓋も錆が落ちてきれいになりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の針はちょっと手間が掛かりましたがいかがでしょうか。

ケースとブレスレットの隙間も無くなってシャキッとなりましたね。

いつまでも大切に御使用ください。

 

修理内容 : オーバーホール、ブレスレット修理、錆除去

交換部品 : パッキン類、バネ棒

修理料金 : 27,510円(税込)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です