Cartier TANK FRANÇAISE オーバーホール

カルティエ タンクフランセーズです。
3年前に当店で電池交換させて頂きました。
今回も止まったのでお持ち頂きましたが、あいにく電池を交換しただけでは動きませんでした。
お手入れの時期も過ぎているようなのでオーバーホールでお預かりです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
長く使い続けますとケースやブレスレットの隙間、ネジにも汚れが溜まります。
ムーブメントのネジは曇っているのがわかります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
竜頭とその曇っているネジ、カバーをはずしたところです。
青い部分が回路ブロックです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
内装部品一式です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最初に輪列部分を組みます。
輪列受けを取り付けてから、

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ひっくり返して裏周り(文字盤下)を載せていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
裏押えを取り付けます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
先ほどの輪列受けを取り付けた状態です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
回路ブロック、カバーを取り付けて、竜頭での切り替えがスムーズに作動するかチェックします。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
問題無ければ、最後に筒車(時針が付きます)載せて、文字盤を取り付けます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
針を取り付けて完了です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ムーブメントの取り付けネジも含めてきれいになったのが判るでしょうか。
ケース、ブレスレット、裏蓋、裏蓋ネジも洗浄機できれいにクリーニング済みです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1996年に発表されたタンクフランセーズですが、現在でも人気のあるモデルです。
正方形のダイアルを囲んだ直線的なデザインは完璧に近い完成度だと思います。
サイズが3種類あるのでペアで着けられるのもポイント高いですね。

いつまでも大事にお使い下さい。

 

作業内容 : オーバーホール

交換部品 : パッキン類

 

『古いカタログシリーズ その2』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1996年11月発表当時のカタログ。
最初はSM,MM、LM、XLの4サイズでした。その後XXLも出ました。
カルティエでは、最近ブレスレットウォッチと呼んでいるようです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です